現在の位置: ホーム > 健康なニュース > 肥満 > 肥満について

肥満について

肥満は糖尿病、高脂血症、虚血性心疾患、高血圧、高尿酸血症、胆石……など各種の生活習慣病と密接に関係している。「風邪は万病の元」という言葉があるが、まさに現代は「肥満は生活習慣病の元」の時代。この肥満について、日本肥満学会元常務理事の片岡邦三東海大学付属東京病院講師に聞いた。   

Q:日本で肥満が問題にされるようになったのはいつごろですか?   

A:日本で「肥満」という言葉が登場するのは、平安末期に書かれた「病草子(やまいのそうし)」という書の中で「ひまんの女」と題した一文。高利貸しの女性が美食で太り過ぎて歩けなくなり、介助の人に手をとってもらって歩く姿が描かれています。 

また福沢諭吉の「婦人肥満之説」の中でも、「婦人は甘いものを好むが、炭素原は砂糖からでなく肉や魚から取り、十分に運動をすれば、異常に太ることなく丈夫になる」と、説かれています。そういう意味からいうと、かなり昔から肥満という問題はあったようです。 

しかし、かつては肥満は裕福な人たちに多かった。それが現在、米国など先進国ではかえって貧しい人に多くなっています。ファーストフードやコンビニの食事には、油を多く使っているものが多いからです。   

Q:肥満の定義もなかなか難しいですね?    

A:体脂肪が体重に占める割合(体脂肪率)は、男性では15%から18%が正常で25%以上を肥満、女性では20%から25%が正常で30%以上は肥満とされます。この体脂肪率を測定する方法はいろいろあり、簡単な体脂肪計も発売されていますが、確実な方法がないのが問題なのです。 

そこで標準体重を決めて、それからどれだけずれているかで、肥満を判定することが行われています。 

この標準体重には、ある集団の身長別体重の分布を調べ、その平均値や中央値などから標準体重を決める方法と、身長別に死亡率や罹病率を調べてそれらが最低になる体重を標準体重とする方法があります。 

日本では前者の方法として、厚生省が発表した「肥満とやせの判定表」などがあります。また、後者の方法では米国のメトロポリタン生命保険会社が提示した理想体重を松木駿先生が修正した標準体重表などがあります。 

ほかに、身長(㎝)から100を引いた数字を標準体重(㎏)とするブローカ指数が有名で、日本ではこれに0,9を掛ける、桂の変法を採用しています。 

しかし、アメリカが指標としてメトロポリタン生命保険会社の理想体重を使い、ドイツがブローカ指数を、日本が「肥満とやせの判定表」では国際的な比較ができません。このため1973年ごろから、国際間で統一的に肥満を比較する物差しを作ろうという動きが起こりました。 

そこで注目されたのが、ボディ・マス・インデックス(BMI)です。これはその人の体重(㎏)を身長(m)の二乗で割った数字で、これは体脂肪量との相関関係が高いとされています。 

そして1990年にWHO(世界保健機関)が、成人の標準のBMIは22が適当と発表しました。日本ではBMIが26,4以上の人を肥満としています。   

Q:BMIが正常だからといって、肥満でないとは言い切れないですね?   

A:もちろんからだのフレーム(骨組み)の違いも重要です。BMIはあくまでも身長と体重の関数で、体脂肪率を見ているのではありません。だから、BMIと皮脂厚の両方を計測して、その両者から肥満を決める表も作られています。 

また、見た目がやせているからといって、その体脂肪の分布によっては健康上の問題がある「かくれ肥満」があるということです。レスラーのようなからだの人とポコンとおなかが出たあんこ型の人では肥満の意味が違うということです。一般に、上半身肥満の人は下半身肥満の人に比べて病気になる率や死亡率が高いことが分かっています。   

Q:太る原因について説明してください    

A:まず「食べ過ぎ」です。脳の視床下部には食欲の中枢があり、満腹を感じる満腹中枢のセットポイント(閾値)が高まっていると、食べ過ぎてしまうということです。例えば太って胃袋が大きくなると、たくさん食べないと満腹感が感じられません。また最近では、ストレスによる過食もあります。 

次に「食べ方の誤り」。一日3食より、一日2食の方が太ります。それは消化・吸収・同化にはエネルギーが必要で、たんぱく質なら全体の30%、糖質なら6%、脂肪なら4%がそのエネルギーとして消えますが、食事の回数が減ると、このエネルギーが節約されてしまうのです。また夜は食べたものが栄養として消化・吸収されやすい状態になっているので、夜たくさん食べることは太る原因となります。 

3つ目は「運動不足」です。一日の歩行数が3,000歩を下回るような人は積極的に運動することを考えるべきでしょう。 

それから「遺伝」も関係しています。両親が肥満者の子供の8割が肥満児という調査結果があります。それから最近、体脂肪量をコントロールするレプチンというホルモンや脂肪細胞のエネルギー発散に係わるβ3受容体などの異常が肥満の原因となることが発見され、この面での研究も進んでいます。しかし肥満の原因は、遺伝3割、生活習慣7割といったところでしょう。   

Q:欧米人に比べると肥満の人は少ないように思えますが?    

A:確かに日本人は世界でも肥満が少ない方です。BMIが30以上の人は日本では男性で2%、女性で3%。一方、アメリカでは男女とも30%です。特に20代、30代の日本の女性の41%が、BMI20未満で、やせています。男性や他の年代の女性の肥満に拍車がかかる一方で、若い女性のやせ傾向にも拍車がかかっています。若い女性の無理なダイエットはつつしんだ方がいいでしょう。   

Q:肥満の予防法は?    

A:まず、体重に関心を持ち、毎週決まった日に体重を測ることです。1週間に2㎏増えたら、食べ過ぎです。だから翌週までに元に戻しておくことが必要です。 

そして、間食をしないこと。食後には必ず歯を磨くという習慣をつけるといいですね。虫歯や歯周病の予防になるとともに、いちいち歯を磨かなくてはいけないので、間食をしなくなります。 

油っこいものをとり過ぎないことも大切です。そしてゆっくりと噛んで食べること。一日20分以上歩くことも必要でしょう。   

Q:先生ご自身は?    

A:もちろん、これらのことをみんなやってますよ。お酒は飲みますけどね。 

実は、私は昭和62年ごろ日本肥満学会の理事となった時に、大学病院のエレベーターの中で同僚から「日本肥満学会というのは、太った医者の集まりですか」とからかわれたことがあります。当時私は身長169㎝で体重76㎏でしたからね。それで奮起して、それから毎日1400の食事を続け、2年間で64㎏まで体重を減らしました。以後、体重はこのままです。だから昔に比べると、胃袋が少し小さくなりましたね。

中国漢方通販:  www.chinakanpo.com   2008-04-15
新着商品のTOP4:
推薦商品のTOP20:
特価商品のTOP6:
ショッピング・カート