現在の位置: ホーム > 性の知識 > 避妊の基礎知識 > 避妊によるストレス

避妊によるストレス

初潮から閉経するまでは、身体の成熟度に違いはあれ、子供を産む能力は充分にあるわけですから、いつ妊娠するかはわかりません。

したがって、産むつもりがあってもなくても、常に妊娠に対する不安と恐れがあります。

どのような避妊法が自分に適してるかについて、産婦人科医ときわめて親しい話し合いができて、夫ともよく相談した上で選ぶことができれば、女性も安心して避妊することができ、その効果もあります。

しかし、夫が避妊に協力的でない場合や、自分は産むことに気が進まないのに夫がもっと子供をほしがっている、という場合には、女性の方が内緒で避妊をしなければならないということも多く、避妊そのものが心理的な負担になることもあります。

中国漢方通販:  www.chinakanpo.com   2008-04-30
ショッピング・カート