現在の位置: ホーム > 性の知識 > 避妊の基礎知識 > ピルの影響

ピルの影響

現在もっとも使用されているピルは混合型と呼ばれるもので、月経がはじまった5日目から、毎日1錠を3週間続けて飲みます。

ピルによって、性中枢(視床下部)が神経細胞を刺激され、卵胞の中の卵子も成熟せず、排卵もおきなくなります。

ピルの副作用としては、吐き気、肥満、不正出血などですが、一番大きな副作用としては、血管に対する作用によって、血栓症がおこる場合があるということです。

また、内臓疾患がある人、例えば糖尿病、肝臓病、腎臓病、心臓病、バセドウ氏病などの人はピルは使えません。

それから、ピルの服用は、夫婦関係の心理的な面にも影響を与えます。

ピルの避妊効果は100パーセントですから、それにより妻が夫へある種の優越感、または対等意識をもち、夫がそういう妻の意識に不安を感じた時、夫婦仲に不協和音が生じることがあるでしょう。

中国漢方通販:  www.chinakanpo.com   2008-04-30
ショッピング・カート