現在の位置: ホーム > 健康なニュース > ダイエット > ダイエットには低脂肪?高水分食が効果的

ダイエットには低脂肪?高水分食が効果的

食事の量を減らすよりも、水分が多く脂肪の少ない「低カロリー密度食」(一定重量あたりのカロリー密度が低い食事)を摂る方がダイエットには有効であることが、米ペンシルバニア州立大学の研究により判明した。

低カロリー密度食には、果物、野菜、スープ、赤身肉、低脂肪乳製品などがある。研究を率いたJulia A. Ello-Martin博士によると、カロリー密度の低い食事を摂れば、満足できる量を食べることができ、カロリー制限による空腹感やもの足りなさを感じることが少ないという。

今回の研究では、22~60歳の肥満女性71人を、低脂肪食のみの食事群または低脂肪食に水分の多い食品を加えた食事群のいずれかに割り付けた。1年後、両群とも大幅に体重が減少し、食事のカロリー密度にも低下がみられたが、低脂肪?高水分食群の方が最初の6カ月での体重減少が大きかった(低脂肪食群の14.7ポンド[約6.7キロ]に対し19.6ポンド[約8.9キロ])。低脂肪?高水分食群は重量にして25%多い食事を摂っており、低脂肪食群に比べ空腹を感じていないこともわかった。

果物や野菜を多く食べることにより、食事の摂取量を多くできるため、ダイエットを継続しやすいとEllo-Martin氏は述べている。この研究は医学誌「American Journal of Clinical Nutrition」6月号に掲載された。

中国漢方通販:  www.chinakanpo.com   2008-04-04
新着商品のTOP4:
推薦商品のTOP20:
特価商品のTOP6:
ショッピング・カート